top of page
IWB ITALIA(旧:ENOITALIA (エノ・イタリア))

IWB ITALIA(旧:ENOITALIA (エノ・イタリア))

 


1986年にジョルジオ・ピッツォーロは、ガルダ湖に近いカルマシーノ・ディ・バルドリーノにある土地を買収し、後にイタリア市場のリーダーとなるエノ・イタリアを誕生させました。現在、イタリアでNo.1を誇るIWBイタリア社の傘下に入り、80ヵ国に輸出する国際的なワインメーカとして、品質とマーケットニーズに拘ったワイン造りを行っています。

創業家であるピッツォーロ家は1世紀以上にわたって農業に携わってきました。

ジョバンニ・アルベルト・ピッツォーロは、ほんの小さな土地からブドウ造りをスタートしその後、

4人の息子のジュリアーノ、アウグスト、フロリアーノ、ジョルジオがワイナリーを引き継ぎました。


1986年、ジョルジオ・ピッツォーロは、ガルダ湖に近いカルマシーノ・ディ・バルドリーノにある土地を買収し、

後にイタリア市場のリーダーとなるエノ・イタリアを誕生させました。

エノ・イタリアは現在、売上高でイタリアのトップワイン企業10社にランクインし、

72カ国に輸出する国際的なワインメーカーとして、常に品質とマーケットニーズにこだわったワイン生産を行っています。

bottom of page