top of page
CANTINA MUSEO ALBEA
  • CANTINA MUSEO ALBEA

     

     

    Built in the early 20th century, Cantina Museo Alvea grows only the finest local grapes that have been native to Trullo for a long time to produce high quality wines.

    カンティーナ・ムゼオ・アルベアは20世紀初頭に建てられ、

    トゥルッリのすぐ側で昔から自生していた上質な地ブドウのみを栽培し、高品質なワイン造りを行っています。

     

    南イタリア・プーリア州に位置し、ユネスコの世界遺産に登録されているアルベロベッロは、

    特徴的な「トゥルッリ」と呼ばれるとんがり屋根の建物を中心とした美しい景観で世界中に知られています。

    同時に、何世紀にもわたってブドウの栽培が行われてきた地でもあります。

     

    カンティーナ・ムゼオ・アルベアでは、プリミティーヴォやネグロアマーロなどの

    昔から自生していた上質な地ブドウのみを栽培しています。

     

     

    20世紀初頭に建てられたこのワイナリーはすべて石造りで、ワインは岩に掘られたセラーに保管されており、

    ワインセラーの上階には、ワイン博物館が併設されています。

     

    イタリアの南に位置しているプーリア州は、東にはアドリア海、南にはイオニア海が広がり、

    カンパーニャ州やバジリカータ州と隣接しています。

    一昔前までは、プーリア州の多くのワイナリーではバルクワインを多く供給していましたが、

    カンティーナ・ムゼオ・アルベアでは、昔から高品質なワイン造りを一貫しており、常に品質の向上を目指しています。

     

    ワイナリーはムゼオ(英語のミュージアムの意)・アルベアと名付けられています。


     

    bottom of page